印鑑

日本は、ハンコ文化なようです。役所に行っても、銀行に行っても、車を買う時も印鑑がいります。世界のことはよくわかりませんが、サインですませるイメージがあります。

子供の時、印鑑は命の次に大事と聞いたことがありますが、多分重要な書類に印鑑を押して、それによって人生が左右されることもあるので、印鑑を大事に扱いなさいという意味ではないかと思っています。

それで印鑑は、とにかく大事なもので、大切に扱わなければいけないと思っていますが、印鑑のことについては、ほとんど知らないのが現状ではないかと思いました。

特に実印は、重要な場面で使うので、よく知っておいた方がいいと思い、ネットで調べていましたらいいサイトがありました。<実印どこで.com>

このサイトでは、実印について、いつ作ったらいいか、作る時のポイント、どこで買うといいか等がコンパクトにまとめられていました。

実印の素材も象牙、黒水牛などがあり、チタンで作る人もいるそうです。文字の彫り方は、男性はフルネームで作る人が多く、女性は名前のみで作る人が多いそうです。

そして今では、ネット通販も充実しているようです。ネット通販ではコストがかからないので、店舗販売よりも価格が安くなるようです。

実印というと印鑑屋さんにみてもらって買うイメージだったので、時代とともに変わっていくものだなと思いましたが、それぞれにいい点悪い点があると思うので、よく考えて判断するのがいいのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です