太陽光発電について

太陽光発電というと環境にいいというイメージがありますが、実際のところはどうなんでしょか。よく山や畑のような所にいっぱいソーラーパネルが並んでいるような光景を見ます。これは、産業用で、売電を目的としていると思います。

太陽の光という自然を利用して発電して、火力発電や原子力発電の代わりになれば、エネルギー的にはいい事だと思いますが、あれだけ山や畑を切り開いてソーラーパネルを並べるのは、かえって環境を破壊しているのではないかと思うこともあります。

一方、家庭用の太陽光発電も最近よく見かけますが、どうなんでしょうか。ネットで調べていましたら、参考になるサイトがありました。<太陽光発電つけるべきか.com>

太陽光発電は、環境的な面と経済的な面から考えなければいけないのではないかと思いました。環境面では、ソーラーパネルに有害物質が含まれている場合があるようなので、その点を考えないと寿命がきた時や故障した時に産業廃棄物として処理する時に問題になってしまうと思います。

また、経済的な面では、太陽光発電の売電価格は、年々下がってきているようなので、以前のような収入にはならないようですが、設置価格も下がってきているので、そのあたりの投資回収期間をみていく事が必要ではないかと思いました。

また売電だけでなく、蓄電して使うことを考えることも効率的に使う方法のひとつではないかとも思いました。

今後も制度や技術も変化していくと思いますので、太陽光発電についてよく理解して、導入するかしないかを判断しなければいけないと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です