癌と糖

癌を自然療法で直した人の記事を読みました。西洋医学では、抗がん剤、手術、放射線治療が一般的だと思います。でも、この人はそれ以外の方法で癌を直したというのでとても興味深く記事を読みました。

基本は、食と生活を正し、自分の身体と心を愛する事、今を大切に生きる事だそうです。内容は、我慢し過ぎた自分を認め、愛することが第一で、その他は、瞑想、充分な睡眠、朝日を浴びる、ビワの温灸、光線療法、プロポリス、紫イペ茶、はなびらだけをやったそうです。

その他にもあったかもしれませんが、要するに心を癒して、癌に効く食べ物を食べて、癌に効く治療をするということではないかと自分なりに解釈しました。

癌細胞は、熱や酸素に弱いので、温熱療法や酸素が効果があると聞いたこともあります。また、癌細胞は、ブドウ糖をエサにしているので、糖を摂らないようにすれば、癌細胞が成長しないというような事も聞いた事があります。

私は、現在、癌ではないですが、いつなるかも分かりませんし、健康な体を作るうえにおいても参考になりました。

とりあえず、食事に気を付けてみようと思い、糖をあまり摂らないように努力してみようと思いました。

糖の少ない食べ物を食べるにはどうしたらいいかと思って、ネットを見ていましたら、参考になるサイトがありました。<低糖質食品

こちらのサイトで紹介している低糖工房では、パンやスイーツ、麺類などの低糖質な食品があり、「低糖質レシピ」も紹介されているので、いいのではないかと思いました。

糖をまったく摂らないのも良くないと思いますが、現代の食生活では、糖が多くなりがちなので、糖を摂るのを少なくするように心がけると健康にいいのではないかと思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です